HOME > トップヒートバリアー遮熱工法

catch

トップヒートバリアー遮熱工法

【用途】一般住宅・事務所・店舗・工場・鶏舎・畜舎・定温倉庫・保冷庫・鮮魚輸送

遮熱素材で既築建物の省エネや生活環境の改善を行います。地球温暖化対策に

  • 建物や保冷庫等の省エネルギーに
  • 人間やペットの健康管理に
  • 肉用動物の生産性向上に
ご存知ですか?
  • 真夏38°Cでもノーエアコンで作業している工場。
  • 体感温度が変わると室温30℃でも暑さを感じない。
  • 遮熱って冬は暖かく、夏は涼しい。
  • 遮熱をすると、熱射病や冷房病対策になる。
  • 遮熱によって建物全体の温度がより均一になる。
  • 人間やペットの健康管理にとても良い。
  • 肉用動物の生産性が大幅に向上する。
超日陰

体温36.5℃より低い気温なのに何故暑く感じるのか!?

気温30℃にも関わらず外に出ると茹だるような暑さ、実は太陽からの輻射熱が人体に照射されることにより、身体自体が熱を発し暑くなるからです。日陰に入ると涼しく感じるのは、太陽からの輻射熱の一部がカットされるからです。暑さ寒さの根源は、実は輻射熱の影響が最も大きいのです。

遮熱

建物内でも熱移動の75%は輻射熱です

全米の多くの機関の報告として、建物内を通過する熱量の75%は輻射熱です。しかし、この輻射熱は断熱材では殆どカットする事が出来ません。そこで、宇宙産業から生まれた遮熱材が効果を発揮します。トップヒートバリアーは、輻射熱を97%カットします。

省エネ

遮熱をすると体感温度が全くかわります

室内30℃でも暑さを感じなくなります。無論、冬場は低温でも寒さを感じにくくなります。体感温度が変わる事によって、エアコン等の冷暖房の使用頻度が大幅に減少します。しかも、室内の熱を屋外に逃がしませんし、屋外の熱も室内にとり取り込みませんので大幅な省エネ効果をもたらします。

断熱材とはカットする熱量が違います
室内29℃でもエアコンなしでいられます。

エアコンを使用しないと室温は外気温により上昇しますが、遮熱する事により室内温度は外気温より下がります。更に輻射熱がカットされる事により体感温度が変わりますで、エアコンなしでもいられます。

室内30℃でもエアコンなしでいられます

トップヒートバリアー遮熱工法についてのお問い合わせはこちらから